JA岡山中央会ホームページ

岡山県農業協同組合中央会 事業案内

目的と性格

JA中央会は、JAの健全な発展を図ることを目的に、農業協同組合法に基づいて設立されたJAの指導機関で、JAの総括的なリーダーの性格を持ち、きわめて公共性の強い非営利法人です。中央会の経費は、主として会員からの賦課金によって賄われています。

JA中央会は、都道府県内の単位JAと連合会を会員とする都道府県中央会と、単位JAと都道府県中央会・連合会、全国連合会を会員とする全国中央会があり、それら会員の組織及び事業、経営の指導、監査、教育、広報などの事業活動を行うほか、行政庁への建議を行う機能を持っています。

JAは愛称で、正式名称は「農業協同組合」といいます。「JA」とは、Japan Agricultural Co-Operatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージを象徴する愛称として、1992年4月から使用しています。

JA岡山中央会の会員は、県下の総合9JAと専門2JA、3連合会で、運営の最高意思決定機関は会員で構成する総会で、総会決議に基づいて理事会が業務を執行しています。